Sidebar
Menu
事務局のご案内

初めまして、糖尿病友の会の事務局を務めます成毛信夫と申します。

実は、私も何を隠そう糖尿病患者の1人です。
35歳の時に人間ドックで糖尿病を発見され、その場で即入院といわれつらい入院生活を2回も経験ました。

病院からの指示にしたがい、お薬や、運動療法やある企業の正社員として働いている妻に負担をかけながら食事療法と長期間がんばりました。妻には今でも頭があがりません.

しかし思うように
ヘモグロビンA1Cの数値が下がらず、*苦しい思いをしていました。又、糖尿病に良いと言われるものはいろいろ試してみました。民間療法や何十万もする健康食品等です。それでもなかなか上手くいかず悩み苦しみました。
 *
ヘモグロビンA1Cが6.5以上だと合併症を起こす危険性があると聞いたからです

私の父も糖尿病で足を切断しなければならないと医者から宣告され、その1週間後には亡くなっていますから、怖いという気持ちは人一倍強かったです。
私も当時はご多分に漏れず、ジムに通う、辛く厳しい食事制限、数多くの糖尿病に良いと言われる健康食品に数十万と投じてきて一向に改善されることなく悶々とした日々を送っていました。

この辛さは糖尿病を患った者でしか分からない辛さでしょう。


「馬には乗ってみよう、人には添ってみようという」という、ことわざがあります。

そこで初めて土屋美幸さんの助言をきいてみようと思い、そうしたところ自分でもビックリするほど良い結果がでました。
長年の苦しみから解放されました。これからも慢心することなく、気をつけて日常生活を送っていきたいと思います。
Stacks Image 165
闘病生活のつらさは、糖尿病を経験した人間でなければわからないと思います。こんな私みたいなものでも自分の経験をした範囲内や、土屋美幸さんをはじめ会員の皆様から聞いた範囲内でのアドバイスしかできないと思いますが、一人で悩まずにどうぞお気軽にお電話を下さい。


糖尿病により人生を半ば棒に振るような方もいるようです。諦めずに快方に向かう手立てはあります。
まずは、
元気になった土屋さんのご主人や私のように健康な生活に戻れるように願っての活動です。
亡くなった父に、せめてもの償いでもあります。



まずは、この
実体験に基づいた医療従事者である土屋さんの歩んだ毎日をたどることで、必ずやあなたにとって有意義なヒントがあるはずです冊数にも限りもございますので、お早めのご応募お待ちしております。


私が不在の場合は、伝言しておいて頂ければこちらからお電話いたします。
お電話は9:00~17:00の間にお願いします。
(土日・祝日を除く)

あなた様の症状が1日でも早く良くなるようお祈り申し上げます。

お電話フリーダイヤル 0120-81-0213

創会 平成13年  
糖尿病友の会 事務局
運営責任者 成毛 信夫



■小冊子のご応募は下記のお電話、申込みフォームよりお気軽にどうぞ

■小冊子のお申込みは今スグ下記まで!

お電話(通話料無料です)でのお申込は、

0120-81-0213

 お電話でのお問い合わせは、
   平 日  9:00~21:00
   土・日  9:00~17:00
 の受付となります。
〜お申し込み時の3つのお約束〜

①冊子と資料をご送付後、私共からご連絡することはありません。
②冊子2冊+
送料+消費税 計380円のご負担をお願いします(お支払いは郵便振替用紙を同封します)
③送り主は、私共つばさ事務所名の封筒でお送りいたしますので、どなたにも知られることなくお届けできますのでご安心してご請求ください。

※お客様の
個人情報を第三者に開示することは一切ございません。
Stacks Image 166
お気軽にお問い合わせください!
 お問合せ  0120−81−0213
 受付時間  9:00 〜 18:00
*私どもは、本業が商工デザインであります。仕事柄、印刷関係に強く大量に制作出来るもので、本来、無料にて差し上げたいところではございますが、昨今の経済状況下です。大変恐縮ですが、送料等280円のご負担をお願い致します。私たちと同じ病でお困りの方のお役に立てましたら幸いです。

成毛 信夫 



糖尿病友の会事務局 / 埼玉県本庄市東台1-1-6 丹家ビル1F 
TEL 0495-23-3893 FAX 0495-23-3894 〒367-0021

| 
Home | よくある質問 | 事務局 | 元気になりました♪ |